青山新聞店

電話お問い合わせ 留守止め

読者サービスのご紹介 SERVICE

青山新聞店では様々な読者サービスをしています!新聞・雑誌の回収、チケットプレゼント企画やみ・まもーる、誕生日プレゼントなど企画が盛りだくさん!読者の皆様に喜んで頂ける様々な特別企画もご用意しています。一度、ご体験してみて下さい。

 

 

01新聞・雑誌・書籍・カタログの無料回収

月1回、指定業者にて回収いたします。

回収日の前日に折込するピンク色のチラシを付けてお出し下さい。

02クレジット支払いに対応

毎月クレジット支払いでうれしいポイントも貯まります。その他、各種銀行引き落としも可能です。 もちろんご自宅まで、ご集金にもお伺いします。

 

03各種プレゼント

月一回のプレゼント

生活に役立つ粗品を毎月差し上げます。新聞購読料領収書のお渡し時、一緒にお届けします。

 

各種招待券プレゼント

中日新聞社が主催・共催する百貨店での催し物の招待券を無料でプレゼントいたします。不定期ではありますが、プロ野球観戦チケットや明治村、モンキーパークなどの招待券をプレゼントしています。チラシ・ホームページで告知しますので、お見逃しなく♪

 

04掲載された記事のラミネートサービスいたします

地元に密着したニュースが豊富なので、もしかしたらあなたも新聞に載っているかも!すぐにお知らせ下さい。新聞記事をラミネート加工して、ご購読者様は、1枚目は無料で2枚目以上は1枚につき100円を頂きます。 ※定期購読されていないお客様は1枚につき300円頂きます。

 

05お電話やPC、スマホでお出かけも安心、「新聞お休み」サービス

ご旅行や帰省などでお宅を留守にされる際も安心。「防犯対策」です。新聞のお取り置き、留守止めもホームページからできます。

 

06み・まもーる(異常事態支援サービス)

「み・まもーる」は新聞が取り入れていないこと等を目安に異常事態を察知し、安否確認すると共に、あらかじめ登録していただいた緊急連絡先に連絡をする無料のサービスです。 高齢化社会に加え、核家族化や社会構造の変化が進み、「高齢者夫婦」「一人暮らしの高齢者」「一人暮らしの若い人」「単身赴任者」の所帯が非常に多くなっています。配達スタッフが新聞たまっているので声をかけ、命を取り留めたというニュースを耳にする事があります。「み・まもーる」はこれを制度化したものです。

 

対象者

中日新聞購読者の方で、お一人暮らしの若い人、単身赴任者、高齢者夫婦、お一人暮らしの高齢者 ※こちらのサービスをご希望の方は当店まで直接お問い合わせください。み・まもーるは中日新聞販売店が行う無料の安否確認サービスです。

 

 

サービス内容

私たち販売店は朝夕刊の新聞を購読いただいている家族のポストまで、1日少なくとも1回は配達業務で訪れています。私達はこの新聞配達業務を通じて、その家庭に気を配り、新聞が溜まっていることで異常に気づくことができます。

1.配達スタッフが異常がないか気を配ります。

2.新聞がたまっているなどの異常時には声をかけたり、まず本人に電話をかけます。

3.応答がない場合、登録カードに記入していただいた緊急連絡先に連絡します。

4.緊急連絡先に連絡がつかない時は民生委員などに連絡する場合もあります。

 

 

登録について

販売店へお申し込み後、み・まもーるの登録用紙に必要事項を記入し各店へお持ち下さい。(ご自宅に用紙の引き取りも可能です。)

登録していただいた会員様には、緊急先への確認と了承を得た上で、異常時に必要な情報(住所、氏名、持病、主治医など)を記載した「安心声かけ み・まもーる」を発行いたします。(右図) これは救急隊などの救命処置の際に非常に参考になるものなので、必ず所定の場所(冷蔵庫の扉の前)に貼り付けて下さい。

※緊急連絡先が遠隔地の場合などは、話し合いの上、対処させていただきます。

 

 

●登録カード(マグネットシート)を冷蔵庫の扉に必ず貼り付けて下さい。

●旅行などで家を空ける時は、必ず「お休み」のご連絡を下さい。

●新聞が取り込んでいるあるかどうかで判断するため、ドアポストの場合、新聞を中まで押し込むことはやめますのでご了承下さい。また、塀などのポストあるいは通常の郵便ポストは現行通り投入させていただきます。

●主治医・緊急連絡先等が変更になった場合、必ずご連絡下さい。

●このサービスは、中日新聞販売店が読者に対して行う無料サービスであり救命を義務とされるものではありません。

 

特定商取引法に関する表示 送料について
Copyright (C) 2018 Aoyama-Shinbunten All rights reserved.